WordPress カテゴリーとタグの違い

WordPress には、記事を分類するための機能として【カテゴリー】と【タグ】があります。

どちらも分類するという部分では同じですが、少し用途が違っています。

スポンサーリンク

カテゴリーは項目で分類

カテゴリーは項目での分類に使います。

「WordPress、うつ病、ダイエット」などです。

また、カテゴリー同士で親子関係の設定ができます。

例えば、このページのカテゴリーは【WordPress】です。

WordPress の機能について書いている記事は、全てこのカテゴリーにまとめています。

その下には、子カテゴリーの【プラグイン】が存在しています。

WordPress のプラグインについて書いてある記事は、このカテゴリーにまとめています。

サイトマップは、その親子関係で表示されています。

categories-and-tags2

1記事1つがおすすめ

WordPress の設定上は、1つ記事に対して複数のカテゴリーを設定することができますが、カテゴリーが親子関係になっている場合、親カテゴリーを設定する必要はありません

上の例で言うと、プラグインについて書いた記事に対して【プラグイン】だけ設定すれば、親カテゴリーの【WordPress】に含まれます。

そのため【WordPress】のカテゴリーを選んだ場合は、【プラグイン】のカテゴリーも表示されます。

反対に、【プラグイン】のカテゴリーを選んだ場合は、【WordPress】のカテゴリーは表示されません。

タグはサイト共通のキーワードで分類

タグは、サイト共通のキーワードを含む記事の分類に使います。

カテゴリーと異なり、親子のような上下関係はありません。

まったく別のカテゴリーでも共通のキーワードを持っている場合、同じタグを付けています。

1記事に複数付ける

例えば、この記事は【解説】と言うタグが付いています。

このタグは、他にも「うつ病、Splatoon(スプラトゥーン)」など別のカテゴリーでも使われています。

このように、1つのタグを複数の記事に付けることで、同じタグを付けた記事を見たユーザーが、他の記事も興味を持って見てくれるかもしれません。

共通のキーワードがあれば、どんどんタグにすることをおすすめします。

人気のタグは大きく表示

タグは使われている数の多いものが大きく表示されます。

categories-and-tags3

現在このサイトでは、【体験談】が一番多いということが分かります。

視覚的に、どんな記事があるのか分かりやすくなっています。

まとめ

大きな分類はカテゴリーで分け、共通のキーワードはタグを付ける。

まだまだ、WordPress 初心者ですが、私の理解ではこのように使っています。

他にも違った使い方などあれば教えてください(`・ω・´)!


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る