【スプラトゥーン2】チャージャー弱すぎだろっ!味方にいると勝てないんだが・・・。

『スプラトゥーン2』が発売されてから、早 3 週間が経ちました。

めっちゃ売れに売れて、プレイヤー人口も増えまくりのようですね(゚∀゚)ヨカヨカ

発売当初は、前作プレイヤーの猛者と、今作デビューの初心者がマッチングしちゃう状況でしたが、今は落ち着いた感じですね(´∀`)

おすすめ発売当初の様子はこちら

ついに『スプラトゥーン2』がリリースされましたよぉ(゚∀゚)!! 今か今かと朝からワクドキしていたんですが、11時半頃に届きま...

5 歳の娘が「ナワバリバトル」で塗り 1 位になれるくらいなんで、初心者でも楽しめるようになったんじゃないかと思います( ´∀`)bグッ!

でも、ひとつ気になることがあるんです。

それは、

チャージャー弱すぎ問題(; ・`д・´)

うまい人が使えば強いのかもしれませんが、現状ではチャージャーがチームにいるとかなり不利だと感じてしまいます(ノ∀`)タハー

私は前作では、チャージャーを愛用してました。

ウデマエ S までチャージャーで上げるくらい使い込んでいましたが、今作では数回しか使ってません( ´ー`)フゥー...

だって、勝てる気がしないんだもん。

他のブキに対して、有利になる場面がほぼ無いッス(; ・`д・´)

なぜ、こんな弱くなっちゃったんでしょうか?

今回は、その原因について、考えてみようと思います(`ーωー´)

スポンサーリンク

ステージが狭すぎて距離がとれない

まず、思いつくのが「ステージが狭い」ことです。

前作よりも、全体的に狭い気がします。

特に《コンブトラック》なんて、前作の《リッター3K》だったら真ん中まで届くんじゃないか?

・・・ってくらい狭いです(´Д`;)オオゲサ?

そのため、倒しても倒してもすぐ復帰できちゃうんで、インファイトの撃ち合いになるんですよねぇ。

そんな撃ち合いにチャージャーで参戦しても、あっちゅーまにやられちゃうんです(ノ∀`)タハー

チャージャー好きとしては、もちょい活躍できるステージがあればと思ってしまいます(´Д`)ハァ…

ガチマッチだと、チャージャーはいらない子。

ナワバリでも塗れない、倒せない。

どうしたらイイんですかぁ(ノ∀`)タハー

射程短すぎでしょ

チャージャーの射程が短くなったのか、シューターの射程が伸びたのか、ほとんど変わらん気がするんですけど(; ・`д・´)

しかも、チャージャーの場合、チャージ中は発光して場所がばれるし、射線は見えちゃうしで、全く狙いを定める余裕がないんですけどっ!ヽ(`Д´)ノ

そして、一発でも外すと近寄られて、あえなく撃沈( ´ー`)フゥー...

ステージの凹凸ありすぎ

今作のステージって、細かい段差や斜面が多くないですか?

撃ったインクが、だいたい地面に吸い取られるんですよっ!!

当たった!!

・・・と思ったら、当たってなかったー!!

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

もう、全部ジャンプショットするしかないんじゃないかい?(´ω`)

当たらなすぎでしょ

いやぁ~それにしても、狙っても狙っても当たらない(´∀`;)

私の腕が悪いとしてもですよ、

マジで当たらないッス( ゚д゚ )!

もしかして、前作から仕様変わってます?

ネットで情報チェキチェキしてたら、この違和感を調査してくれた人がいました!

こ・・・これか(; ・`д・´)

ってことは、偏差撃ち」をしないとダメってことですね。

スプラトゥーンって、基本誰でも遊べるお気楽さがイイんですけど、チャージャーはかなり練習が必要ってことかぁ( ゚д゚ )!!

もしかして、チャージャーで勝てない最大の理由は、これなんじゃないか( ゚д゚ )!

サーモンランで大活躍

じゃぁ、チャージャーって活躍できる場所がないの?(´;ω;`)グスン

いや、ある!!

『サーモンラン』がある( ー`дー´)キリッ

モンスターハンターみたいな感じで、4 人が協力してシャケと戦うッス!

《オオモノシャケ》に対して距離を取って攻撃できるんで、これがなかなかイイんですよ(゚∀゚)

特に対《バクダン》では、チャージャーの腕の見せ所ですよっ!

練習にもなるし、存在感もアピールだぜっ!( ´∀`)bグッ!

ただ、何のブキになるかランダムなんですけどね( ´Д`)=3 フゥ

まとめ

私はチャージャーが一番好きなんですが、今の私の実力ではナワバリバトルでも活躍できないッス(´Д`;)

まず、「偏差撃ち」がうまくできるようにならないとねぇ(;´Д`)

きっと上手い人がつかったら、無双できるのかもしれない(゚∀゚)

同じチームにいたときに、ガッカリされないくらいの実力になりたいです( ー`дー´)キリッ

pakichiじゃ、またねっ!


スポンサーリンク

シェアする

関連記事




トップへ戻る