知らないと損しかしない!お得な情報だけに騙されないぞってんだぃ!

新しいサービスが始まると、それがまだ世間に浸透していないことに付け込み、詐欺まがいの方法で契約をするような業者が参入してきます。

まるでメリットしかない様な口ぶりで話を進めてきますが、実際は「知って得する」話ではなく、「知らないと損」をすることになります。

ある日突然電話がかかってきて、口頭だけの説明で契約を迫るケースがあります。

例えば、「今使っている携帯電話料金が安くなる」とか、「プロバイダ料金が無料になる」とか。身近なことで、いかにもお得感を出してきます。

今より1,000円安くなるとか具体的な値段は言うものの、サービス内容の詳細について触れてきません。あやしいです。

実際、私は最近2つの業者から電話勧誘があり、口頭のみでよく分からない内容の契約をされそうになりました。

1つは、プロバイダの【nifty(ニフティ)】が、強引にNifMo(ニフモ)を契約させようとした。

もう1つは、引越し比較業者の【引越し侍】がインターネットの移転代行をしようとした。

2つの業者とも、さも当たり前の様に話をしてきて、はっきりと断らなければ勝手に話を進められてしまいそうでした。

スポンサーリンク

NifMo(ニフモ)って何なの?

ニフモはいわゆる格安SIMと言われるサービスです。

ドコモの回線を利用し、データ通信、音声通話が可能です。

ドコモのスマホを持っていればSIMカードを差し替えるだけで、ニフモに切り替えができ、ドコモの料金より安くできるらしいです。

これだけを聴くと、無条件で安くできるように聴こえますが、実際はそうではありません。

まず、ドコモの回線を利用しますが、それ以外のサービスはニフティに変わります。キャリアがドコモでは無くなるので、SPモードメールが使えなくなります

また、間借りしている回線なので、本家ドコモの回線速度と比べると遅くなります。そして、当然のことですが、ドコモショップでサービスが受けられなくなります

私にとっては、多少値段が安くなるよりも、ドコモのサービスが受けられた方がお得だと感じました。

これらの事は、後々調べて分かった事で、電話を受けた時にはこうしたデメリットは知りませんでした。いかにも、お得であるように思わせて契約させようとするので、電話での契約は基本断るようにしてます。

引越し侍がインターネット回線移転を勝手にする

引越しの準備をしていた頃の話ですが、引越し業者の一括見積りで利用した【引越し侍】から電話がありました。なぜかインターネット回線の移転手続きを代行すると言うのです。

なぜ引越し関係の業者が、NTT の回線移転に関わってくるのか分かりませんでした。

さらに、無料を全面的にアピールしてきて、正直気持ち悪かったです。

いくらか料金が掛かるなら、そんなサービスもあるんだろうなと思うところですが、無料って逆に怖いです。おそらく代行することで NTT からインセンティブがあるんでしょうけど。

それに、裏で勝手に NTT と手続きをされると、間にワンクッション入る分手間が増えそうです。たまたま、一括見積りで使った程度の関係しかない業者に、代行なんてしてもらうのは気持ち悪かったので断りました。

J:COM が回線調査の名目で営業に来る

こちらは電話勧誘ではありませんが、なぜか【J:COM】が引越し先の回線調査をするために、訪問する日を決めて欲しいと、不動産屋経由で連絡がありました。

インターネット回線が正常に通っていることは、NTT に依頼をして確認していたため、今更、回線調査をする意味が分かりませんでしたが、引越し当日に来てくれるそうなので、とりあえずその日にお願いしました。

当日、一通り調査が終わると、唐突に「インターネットを利用しますか?」と聞いてきました。

事前に NTT に移転の手続きをしていて、工事の日程も決まっている事を伝えると、その人は、何か渡そうとしていた資料をしまいました。

おそらく、回線調査の名目で営業に来たのでしょう。以前住んでいたマンションでも、J:COM の回線調査のチラシが配られていました。

その時は、インターネットは問題無く繋がっていたので、調査依頼は断りました。

J:COM の営業スタイルなんですかね。

めんどくさいです。

知らないと損することばかり

「知って得する」ことよりも、「知らないと損」をすることばかりですね。

ただ、情報はあちこちに転がっていますし、インターネットでググってみれば、わりと簡単に知ることができます。

困った時は、一度 Google 先生に聞いてみるといいかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

関連記事
トップへ戻る