【ドラクエライバルズ】ミネアでレジェンド目指してランクマッチ!プラチナ3まできたよぉ~

11 月のランクマッチ『竜王杯』盛り上がってますかっ( ゚д゚ )!!

現環境では、アグロデッキに人気が集中しているようですね。

特に格安で組める『アグロゼシカ』は相当なプレイヤーがいるようで、対戦すると 2 回に 1 回くらいゼシカと当たるんすけど( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

安くて強いってんなら、そりゃ流行りますよね。

そんな環境の中、私は『ミネア』でランクマッチを戦っています(`ω´;)

大人気のゼシカに対して、絶望的に不利なんですけど、【占い師】の楽しさにハマリました(ノ´∀`*)

コレっていう定番の型がないんで、対戦相手に合わせて柔軟に対応できるのが魅力です( ー`дー´)キリッ

・・・勝てるとは言ってないよ( ー`дー´)キリッ

でも、『ミネア』でレジェンドになるよっ!

スポンサーリンク

回復メインのコントロール

最近つかっているデッキは、【回復】メインで粘り勝つデッキです(´∀`)

一応フィニッシャーは《ゾーマ》なんですけど、出すタイミングがなかなか難しいんですよね(´Д`)

盤面有利じゃないと、コロッとやられちゃうしさ( ´Д`)=3 フゥ

まぁ、先行 4 ターン目に《亡者のひとだま》出せたら、結構勝てるんですけどね(; ・`д・´)

星なしのくせにレジェンド以上の働きをするとは・・・。

弱体化候補筆頭ですね(`ω´)

デッキの中身は共通カードばっかりだけど、一応占い師っぽいところは残っているんです( ー`дー´)キリッ

《隠者のタロット》で魔王をパクパク

レジェンドカードは、《ミレーユ》と《ゾーマ》の 2 つしか入れてないんですが、欲しいレジェンドは《隠者のタロット》で現地調達します(´∀`*)

【超必中モード】の時に《隠者のタロット》をつかえば、相手ユニットをコピーした上で、スライムに変身させちゃうんですよ( ゚д゚ )!!

これなら《りゅうおう》も変身できなくなるし、《ゾーマ》に《光の玉》で MP 4 消費させられても、MP 5 の《隠者のタロット》はつかえちゃうんですねぇ。

これは有能(*´ω`*)

《塔のタロット》で確定除去と 1 ドロー

もう 1 つのキーカードが《塔のタロット》です(`・ω・´)

【超必中モード】の時だと、相手ユニットのHP を 1 にしてから 1 ダメージを与えてカードを 1 枚引きます。

つまり、どんなに HP がある相手でも、倒してさらに 1 枚カード引いちゃうんすよ( ゚д゚ )ウホォ

この引いた 1 枚で、勝負が決まることもありますからね( ー`дー´)キリッ

最大の弱点は立ち上がりが遅いこと

このデッキの弱点は、【超必中モード】になる前に負けることですかね( ´ー`)フゥー...

アグロデッキには、かなーり分が悪いです。

ゼシカに当たったら、即リタイアでもイイくらいですね(´Д`;)

これじゃ、なかなかランク上がらんぞい( ゚д゚ )

ククールとピサロには勝つ

苦手な相手がいれば、得意な相手もいるんです。

それが、『ククール』と『ピサロ』です(゚∀゚)

どちらもだいたい立ち上がりが遅いんで、盤面をしっかり取っていけば、時間はかかっても粘り勝てます。

相手が出してくるレジェンドカードを《隠者のタロット》でパクパクして、心を折っちゃうのです(`ω´)

他にも《アンルシア》で無力化された《ゾーマ》を《サイレス》で封印を解いたり、《隠者のタロット》で、手札に複製してリサイクルするのもあり。

テンションためて特技カードが引けるんで、手札が多くなって相手に心理的プレッシャーを与えることもできるはず( ー`дー´)キリッ

これでレジェンドいってみます( ゚д゚ )!!

まとめ

「シャドウバース」でもそうだったんですが、なぜか環境トップじゃなくて、二番手くらいのデッキつかっちゃうんですよねぇ( ´Д`)=3 フゥ

強いデッキに勝った時の「達成感」は、とても気持ちがイイのです。

がんばった感って大事ね(ノ´∀`*)

でも、ゼシカのデッキも作ってみたんですよ。

だけど、使いこなせませんでした(ノ´∀`*)アハァ

強いデッキを使えば、強くなれるってわけじゃないッスね。

自分の好きなデッキで楽しむのが一番ッス( ´∀`)bグッ!

ドラゴンクエストライバルズ

ドラゴンクエストライバルズ
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

pakichiじゃ、またねっ!


(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

スポンサーリンク

シェアする

関連記事




トップへ戻る