ユーザーの7割がスマホから?!でもレスポンシブWebデザインなら問題なし!

シェアする

毎日 Google アナリティクスでグラフを眺めて、アクセスが増えたり減ったりを楽しんでいます。

どのページが人気なのかとか、どんな検索ワードでアクセスされているのかとか、色々検証できて面白いです。

最近は、ようやく使い方を覚えてきて、本格的にアクセス解析を始めました。

表示される結果の意味が分かってくると、ますます面白いですね。

すると、ある事に気付きました。

スポンサーリンク

ユーザーの7割がスマホから

このサイトに、アクセスしてくれたユーザーの7割がスマホから!という結果に驚きました(゚д゚)ソンナニ?!

近年はスマホも高性能になっているし、ネット検索はもっぱらスマホという人が増えているようです。

特に若い世代では、パソコンを持っていない人が多いという話を聞いたことがあります。

私はどっぷりとパソコンに依存した生活をしてきたので、ジェネレーションギャップにびっくりです(; ・`д・´)

記事を更新する度に、パソコンとスマホでの確認はしていましたが、これだけのシェアがあるなら、もっとスマホを意識しないといけませんね。

Google検索でも、スマホ対応している方が上位に表示されるようです。

レスポンシブWebデザインなら大丈夫

レスポンシブWebデザインとは、パソコンで見た時はパソコン用に、スマホで見た時はスマホ用に最適化されたデザインになる仕組みのことです。

これは、1から自分で作るとなると相当大変です。

そこで、WordPress のテーマの中から、レスポンシブWebデザイン対応のテーマを使うと安心です。

このサイトでは Simplicity をテーマにしています。

Wordpressテーマ「Simplicity(シンプリシティー)」を作成しました。 Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。 シンプル 内部SEO施策済み 拡散のための仕掛けが施されている 端末に合わせた4つの

シンプルで使いやすいので、HTMLやCSSの知識がなくても、すっきりしたデザインのサイトが作れますよ。

これからブログを始めるなら、ぜひおすすめです(b´∀`)b