知らないと大損!引越し代を75,000円値切った4つの方法

大学進学、就職、転勤など人生の節目に起こるイベントの一つに「引越し」があります。

ただ、余り頻繁に起こる事でも無いので、引越し業者に依頼する場合の相場や評判など、分からないことがたくさんありますよね。

そこで今回、私が引越し代を 130,000円 から 55,000円に 75,000円値切った話をご紹介します(>Д<)ゝ”

提示額のままお願いしてたら、大損しているとこでしたよ(; ・`д・´)

スポンサーリンク

一括見積りをすると電話が止まらない

引越し業者を決めるためには、まずはググります。

「引越し 見積もり」

で検索(σ・∀・)σ

ふんふん。

メールで数社同時に一括見積もりができるサイトが簡単そうです。

軽い気持ちでメールアドレス、引越し先住所などの項目を記入します。

ぽちぽち。

現在午前 9 時 15 分。

メール送信も終わったので返信まで荷造りをしようとした瞬間!電話が鳴りました。

引越し業者からの電話でした。

この間1分もないんですけど・・・・(; ・`д・´)

「メールでのご連絡ありがとうございます。○○引越し社です。訪問見積もりをさせて頂きたいのですが、ご希望の日はございますか?すぐにでもお伺いできます!」

話を聞いている間にも、立て続けに鳴り続けるキャッチホン(; ・`д・´)

こちらとしては判断基準が分からないので、とりあえず 11 時に見積もりのお願いをしました。

1 社目の依頼が終わって一息つく間もなく、別の業者からの入電。

そしてまた、鳴り続けるキャッチホン(;´Д`)マジカ

一括見積りってメールで返信くるんじゃなくて、電話が来るからマジ注意なっ(゚Д゚)!!

とりあえず4社で比較

電話鳴りっぱなしで、さすがにしんどくなってきたよ・・・。

もうね、電話の音聞くだけで頭痛くなってきたので(´Д`;)

同時間帯で、別の業者とバッティングはマナー違反とかいう話を聞いていたので、試しに他社と同時間帯での見積もりについて聞いてみました。

これだったら、うまいこと断れるんじゃっ?!

「他社さんと同じ時間帯ではダメですよね?」

特に問題はありません!仕事でお忙しく時間がないため、同時にお見積もり依頼されるお客様も多いですよ。」

マナー違反とは一体なんなのか・・・。

マナーよりマネーなんですね!!

分かります。

私も安く済むならありがたいです。

「では、15 時からでお願いします。」

「ありがとうございます!!誠心誠意込めてお見積もり致します!よろしくお願いします!」

( ´Д`)=3 フゥ

もう、どこの業者に見積もり依頼したのかも分からなくなってきました。

ひとまず整理をするため、着信履歴の電話番号をググって連絡先に追加していきます。

不在着信が3回もある業者を見ると、ちょっとびびるわ(゚Д゚;)

ペースは落ち着いたものの、それでも鳴り続ける電話。

もう、さすがに 3 社で十分だと思い、次に来た電話はお断りしようと決めました。

「11時、13時、15時で他社さんが見積もりに来る予定なんですよ。もう今日は一杯ですね。」

では、12時からはいかがでしょうか?

マジですか(;゚ Д゚) …!?

そうですか。

営業には、昼休憩でランチタイムとかないんですね。

過酷な業界を少し垣間見た気がしました(; ・`д・´)

そこまでして来てくれるならお願いしましょう!

という流れで 1 日で 4 社の見積もり予定が入りました。

その後の電話にはちゃんとお断りしました。

「もう 4 社の見積もり予定があるので、ごめんないさい。」

弊社を 5 社目に検討することはできませんでしょうか?

春先と違い、今の時期はそんなにお客さんが居ないんでしょうね。

申し訳ないですが、そこはきっちりとお断りしました。

見積り依頼だけで、体力消耗しすぎだわ(゚Д゚n)ホゲー

はじめての訪問見積もり

さて、まずは 11 時に最初の見積もり予定があります。

ところが、前の時間の見積もりが押しているため 30 分ほど遅れるとの連絡がありました。

これは 2 社目と被るんジャマイカ・・・・。

不安を抱えつつ 30 分後、訪問見積もり 1 社目の営業さんが来ました。

軽く挨拶を交わしてサクサクと見積もり開始です。

荷物になりそうなものだけを選別しているのか、わりと短時間で終わりました。

その後、料金を提示され見積金額が決まります。

「ご予算はどれくらいを想定してますか?」

と営業さん。

50,000円くらいで収めたいですね。」

と理想の価格を提示してみる。

明らかに言葉に詰まる営業さん。

「この荷物ですと、これくらいかかりますね。」

と電卓を叩いて提示された価格は、なんと

130,000円(税込)

・・・・(;゚ Д゚) …ファ!?

マジですか!?言葉に詰まる私。

想像以上に高いです・・・・ふむぅ~。

どうしましょ。

衝撃の値切り交渉

欲しいものは多少高くても気にせず買うタイプなので、あまり値切り交渉はしたことないのですが、さすがに予算の 3 倍近い価格だとすぐOKとは言えません。

相場がよく分かっていないため、他社の見積もりと比較したい気持ちがありました。

ところが、しばらく悩んでいると、営業さんはその場でプランをいくつか提案してくれました。

  1. 引越日を2日間に分ける
  2. 引越日までに荷物を減らしておく
  3. 設置できる家電などは依頼主が行う
  4. 現金払いにする

1.引越日を2日間に分ける

荷物の搬入日と搬出日を分けることによって、2 日で受けられる件数が変わってくるそうです。

2 日かけて 1 件の仕事をこなすより、夕方最終便で引越し先近くの営業所に荷物を運び、次の日の朝一に搬入することによって、もう何件か荷物を運べるそうです。

2.引越日までに荷物を減らしておく

引越予定日まで 1 ヶ月ほどあったので、運べるものは先に車で運んでおくという方法。

今回は実家から徒歩 5 分くらいのマンションに引っ越すので、帰省する際ついでに荷物を運ぶ予定です。

段ボールに詰めた荷物から運ぶことで、引越し先に荷物を置いて段ボールを持ち帰れば再利用も出来てお得です。

3.設置できる家電などは依頼主が行う

テレビの配線や洗濯機の給水排水の取付を、自分で行うことで費用を抑えられます。

取付工事費用は 6,000円ほどするそうです。

配線は自分で拘ってやりたいので、そこは問題なしです。

4.現金払いにする

カードで支払う場合、カード会社から手数料を取られます。

およそ 3 %だそうです。

現金払いにするだけでお互い Win-Win になります。

上記の提案は、全てありがたく採用させていただきました。

値切り交渉後の再見積もり結果は

値切り交渉後の内容をふまえての再度見積もり

だららららららららら・・・・

バンッ!

55,000円(税込)!!

・・・・(゚Д゚;)

マジですか!?言葉に詰まる私。

最初の価格から衝撃の 75,000円引き!!

荷物を減らすことでトラックを 2 台から 1 台にして、車両価格と人件費の削減になったようです。

最初の価格が高すぎたのか分かりませんが、これは納得したのでお願いすることにしました。

丁度その時 12 時からお願いしていた業者さんが訪問されました。

玄関先で他社さんが来ていることを伝えたところ、

「大きな声では言えないですけど、1 社だけの見積もりで決めない方がいいですよ。絶対うちの方がお安くできますから」

やっぱり、他社が居ようと居まいと関係はないようです。

仕事ですもんね。

わざわざ玄関先まで来てもらっているので、見積もりをお願いしました。

先ほどの方と同じように室内を見てまわる営業さん。

そこで提示された価格は、120,000円(税込)

荷物の量から算出すると、これくらいが相場なんですかね。

先に来ている業者は、55,000円でしたよ?」と確認すると、上司と携帯で相談し始めました。

しかし、その値段では無理だという事でお帰りになりました。

まだ、2 件の業者さんの見積もり予定がありましたが、価格に納得したで他の業者さんにはキャンセルの電話をしておきました。

もう、これ以上交渉すんのしんどかったし( ´Д`)=3 フゥ

引越し依頼完了

とりあえず引越し業者が決まったことで一段落です。

まだ荷造りが残っていますが、価格が安く抑えられたので、気持ちは楽になりました。

高いと感じたらまず交渉ですね。

自分の納得する価格になるまで粘ってみることをおすすめします。

引越しはそう何度もある分けではないですし、持ち家がある人はもう引っ越すことはほぼ無いです。

業者にとっては少ないチャンスで利益を出さなければならず、今回のように我先にと電話やメールで営業してきます。

これは私の想像ですが、相場が分からない素人相手の商売ですから、もしかしたら最初は高値を提示しているかもしれません。

しかし、ライバルの同業者が次々と訪問するとなれば、今契約を取らなければ、一番最後に訪問に来た業者が最安値を提示し、契約を持っていってしまう恐れがあります。

つまり売り手市場!

依頼側はモテ期なんです!

もう強引に攻めていきましょう!

まとめ

それにしても、今回は業者とのやりとりで、マジでしんどかったしめんどくさかったです(´Д`;)

一括登録は罠ですね。

もっと楽にできないもんかと探してたら、実はあったんですね。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

これだと、うっとうしい電話を受けることなく、快適に引越しができそうです(゚∀゚)

これ、先に知っときたかったわ・・・。

これから引越しをお考えの方は、よくある一括登録は止めた方がいいですよ(`ω´;)

pakichiじゃ、またねっ!


スポンサーリンク

シェアする

関連記事
トップへ戻る