知らないと大損!引越代を見積13万円から5万5000円に値切った方法

ライフログ

引越し業者に依頼するときの相場や評判など、分からないことがたくさんありますよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

そこで、私が家族 4 人分の引越で 2DK から 2LDK に引っ越したときに、引越し代を 130,000円 から 55,000円に 75,000円値切った話をご紹介します(>Д<)ゝ”

提示額のままお願いしてたら、大損しているとこでしたよ(; ・`д・´)アブネー

訪問見積の価格は『言ったもん勝ち』

相場とかよく分からんので、とりあえず訪問見積してもらうことにしました。

 

軽く挨拶を交わしてサクサクと見積開始です。

荷物になりそうなものだけを選別しているのか、わりと短時間で終わりました。

その後、料金を提示され見積金額が決まります。

セールスマン
セールスマン

ご予算は、どれくらいを想定してますか?

ぱきち
ぱきち

50,000 円くらいで収めたいですね。

ここは、相場とかサッパリ分からんので、ホントに出せる額を言った方がイイよ。ここが基準になって、値切れるかどうか決まるッス( ー`дー´)キリッ
セールスマン
セールスマン

・・・Σ(´∀`;)

明らかに言葉に詰まる営業さん。

セールスマン
セールスマン

この荷物ですと、これくらいかかりますね・・・。

と電卓を叩いて提示された価格は・・・。

ぱきち
ぱきち

・・・130,000 円?

(;゚ Д゚) …ファ!?

マジですか!?

言葉に詰まる私。

想像以上に高いです・・・・ふむぅ~。

どうしましょ。

引越代を値切る方法は 4 つある

さすがに、予算の 3 倍近い価格だと、すぐに OK とは言えません。

相場がよく分かっていないため、他社の見積と比較したい気持ちがありました。

ところが、しばらく悩んでいると、営業さんはその場でプランをいくつか提案してくれました。

  1. 引越日を2日間に分ける
  2. 引越日までに荷物を減らしておく
  3. 設置できる家電などは依頼主が行う
  4. 現金払いにする

1.引越日を2日間に分ける

荷物の搬入日と搬出日を分けることによって、2 日間で受けられる件数が変わってくるんですって(´・∀・`)ヘー

2 日かけて 1 件の仕事をこなすより、夕方最終便で引越し先近くの営業所に荷物を運び、次の日の朝一に搬入することによって、もう何件か荷物を運べるんだって。

ぱきち
ぱきち

これは、業者じゃないと想像できないところですね。

2.引越日までに荷物を減らしておく

引越予定日まで 1 ヶ月ほどあったので、運べるものは先に車で運んでおくという方法。

今回は、実家から徒歩 5 分くらいのマンションに引っ越すので、帰省する際ついでに荷物を運ぶ予定です。

段ボールに詰めた荷物から運ぶことで、引越し先に荷物を置いて段ボールを持ち帰れば再利用も出来てお得ですv(´∀`*v)ピース

ぱきち
ぱきち

とりあえず、段ボール箱に入れられるものは、入れてサッと運んじゃうのだ。

3.設置できる家電などは依頼主が行う

テレビの配線や洗濯機の給水排水の取付を、自分で行うことで費用を抑えられます。

ちなみに、取付工事費用は 6,000 円ほどするそうです。

洗濯機なんかは、自力でやるより業者に任せた方がイイね。重いし。

 

家具の配置は、自分で拘ってやりたいので、そこは問題なしです。

ぱきち
ぱきち

配線とか、拘わっちゃうんだよねぇ。

4.現金払いにする

カードで支払う場合、カード会社から手数料を取られます。

およそ 3 %だそうです。

結構しますね。

それを現金払いにするだけで、お互い Win-Win になれるよv(´∀`*v)ピース

上記の提案は、全てありがたく採用させていただきました。

ぱきち
ぱきち

手数料って、どんなサービスでも高いんだよねぇ。

値切り交渉後の再見積結果は75,000円引き

値切り交渉後の内容をふまえての再度見積もり

 

 

だららららららららら・・・・

 

 

バンッ!

 

セールスマン
セールスマン

55,000円です!!

 

・・・・(゚Д゚;)

 

ぱきち
ぱきち

マジですか!?

最初の価格から衝撃の 75,000円引き!!

 

どうやら、荷物を減らすことでトラックを 2 台から 1 台にして、車両価格と人件費の削減になったようです。

人件費の項目が 0 円になっていたのが、ブラックの臭いプンプンしてますけど・・・。

 

最初の価格が高すぎたのか分かりませんが、これは納得したのでお願いすることにしました(´∀`)

ライバルの同業者も一緒に見積依頼すると値引きしやすい

値段が高いと感じたら、まず交渉ですね。

とりあえず、自分の納得する価格になるまで粘ってみることをおすすめします。

これは私の想像ですが、相場が分からない素人相手の商売ですから、もしかしたら最初は高値を提示しているかもしれませんし( ー`дー´)キリッ

 

そこで、ライバルの同業者が次々と訪問するよって教えてあげましょう。

ぱきち
ぱきち

このあと、○○引越センターとか、××引越センターが見積に来る予定なんすよ。

セールスマン
セールスマン

・・・わかりました!少々お待ち下さい(; ・`д・´)

と、上司と相談したみたいで、すぐに値引きしてくれました(´∀`)

 

『今契約を取らなければ、一番最後に訪問に来た業者が最安値を提示し、契約を持っていってしまう』

ってことなんでしょうね。

まとめ

それにしても、今回は業者とのやりとりで、マジでしんどかったしめんどくさかったです(´Д`;)

適当にググって出てきた、『一括登録』系のサイトに依頼したんですが、これは罠ですね。

 

依頼した 5 秒後には電話ガンガン鳴ってるし、

『今から行きます!』

って、ガンガンぶっこんでくるし、これだけで結構疲れましたよ( ´Д`)=3 フゥ

 

もっと楽にできないもんかと探してたら、実はあったんですね。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

これだと、うっとうしい電話を受けることなく、快適に引越しができそうです(゚∀゚)

 

これ、先に知っときたかったわ・・・。

これから引越しをお考えの方は、よくある一括登録は止めた方がいいですよ(`ω´;)

ぱきち
ぱきち

じゃ、またねぇ


コメント