ブログの更新情報も過去記事もTwitterに自動投稿しよう!WordPress プラグイン【NextScript:Social Networks Auto-Poster(SNAP)】

シェアする

ブログを更新するたびに、ツイートするのってめんどうですよね(n´Д`n)

うっかり忘れちゃったりするし。

でも、そんなめんどくさい作業は「NextScript:Social Networks Auto-Poster(SNAP)で解決です(゚∀゚)!

SNAP は設定がややこしいんですが、一度設定してしまえば後は簡単です。

ブログ記事を書くだけで、自動ツイートしてくれるんです(`ω´)

なんて便利なやつなんでしょ。

Twitter と連携するまでの設定は、解説しているサイトがあるので端折ります。

ここでは、自動ツイートの設定についてご紹介します(>Д<)ゝ”

スポンサーリンク

Twitter 自動ツイートの設定

Twitter と連携が完了後、「Advanced」から自動ツイートの設定ができます。

  1. ダッシュボードの設定から、(SNAP)Social Networks Auto Poster
  2. Your Social Networks Accounts タブをクリック
  3. Twitter の Show Settings をクリック

snap-set

① Advanced

このタブが、自動ツイートの詳細設定です。

② Repost existing posts every

過去記事のツイート間隔を決めます。

画像の設定では「6時間」間隔で過去記事をツイートします。

③ Get Posts

ツイート順を決めます。

  1. One by One – Old to New :古い記事から新しい記事へ順番にツイートします。
  2. Order then X Days and Newer then Y Days:X日前からY日前までの期間の記事が対象です。

④ When finished

対象期間の過去記事の投稿が完了した時の処理を決めます。

  1. Auto Turn Reposting Off:自動ツイートを終了します。
  2. Wait for new posts:新しい投稿があるまで停止します。
  3. Loop it. Reset and Start from the begining:対象期間の最初の記事から再度ツイートします。

⑤ New posts will be set by default to

新しい記事の投稿があった場合に、それをツイート対象に含めるかを決めます。

  1. Enabled for Repost:ツイート対象にします。
  2. Disabled for Repost:ツイート対象にしません。

Total posts included in reposting:ツイート対象の数です。

Set All Existing Posts to:ツイート対象を指定します。

⑥ Update Settings

設定情報を保存して完了です。

ツイート時のフォーマットは記事別

自動投稿でツイートされるフォーマットは、記事ごとに設定されています。

snap-postset

各記事の下の方に SNAP の設定が追加されています。

Message Format がツイート時のフォーマットです。

まとめ

過去記事をツイートすることで、再度読まれる可能性があります(゚∀゚)

読んで欲しい記事は、バンバン紹介していきたいですね。

情報発信は大事ですよ(´ω`)

ぱきち
|Д´)ノ 》 ジャ、マタ