うつになった時に奨学金の返済を一時的に止められる「返還期限猶予」を申請する方法

うつになって失業してお金が無いのに、通院費や生活費がかかり、生活が苦しいなんて人もいるでしょう。

そうだ!私だ(゚Д゚)!

貯金を切り崩して生活してますが、少しでも出費を減らさないと破産しちゃうよぉ(´ω`;)

あんまり貯金に余裕もないので、とにかく何とかしないと!

という事で調べていると、どうやら奨学金の返還を一時的に止めることができそうです(゚∀゚)

スポンサーリンク

奨学金の返還期限猶予

奨学金の返還が難しい場合、一時的に返還を止められる「返還期限猶予」を申請することができます。

承認されると、その期間は返還の必要はありません。

返還期限猶予は、返還期限を延期する制度なので、元金や利息が免除されるわけではありません。

今は払えないですが、後で払いますよ~っていう制度です。

借金がチャラになる訳じゃないので注意です(゚Д゚)!

でも、このままだと破産しちゃうので、これは申請するしかない!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

傷病での一般猶予

私は「傷病」での申請になります。

傷病でも「就労している」「休職中」「就労していない」場合で、申請書類が変わってきます。

「就労していない」場合の申請書類

就労していない場合の申請書類は以下の3つです。

  1. 「就労困難」の記載がある医師の診断書(最近発行2ヶ月以内)
  2. 猶予願
  3. チェックシート

猶予願とチェックシートは、日本学生支援機構のサイトからダウンロードできます。

猶予期間

猶予期間は1年間で、毎年再申請が必要です。

申請から1週間で承認されました

先週申請書を提出しましたが、本日手紙が届きました。

無事に「承認」されました(>Д<)ゝ”

これで3ヶ月くらいは、長生きできそうです(´ω`)フゥ

一般猶予には種類がたくさんある

私は「傷病」での申請でしたが、一般猶予は他にも種類があります。

  1. 生活保護受給中
  2. 入学準備中
  3. 失業中
  4. 経済困難
  5. 特別研究員
  6. 新卒等
  7. 災害
  8. 産前休業・産後休業および育児休業
  9. 大学校在学
  10. 海外居住
  11. 今年海外から帰国
  12. 海外派遣
  13. 外国で研究中
  14. 外国の学校へ留学
  15. 数年延滞している場合の猶予申請

失業中」や「経済困難」も申請事由になるので、生活が苦しい方は申請してみると承認されるかもしれません。

まとめ

私はうつ病と適応障害で、2年以上通院しています。

会社員として働くことは、ほぼ無理ゲーになっているので、これからどうしようと悩み中です(´ω`)

何とかして稼がないとな~。

ぱきち
|Д´)ノ 》 ジャ、マタ