睡眠導入剤の新薬「ベルソムラ」の効果を体験レビュー

ベルソムラは平成26年11月26日に発売された睡眠導入剤です。海外に先駆けて日本で発売されました。

去年の今頃発売されたばかりで、まだまだ服用されている人が少ないようです。

心療内科の診察の時、レンドルミンでは寝付きが悪いと伝えたところ、レンドルミンの量を減らし、ベルソムラを試してみることになりました。

寝る直前に服用してみて、2日間試した結果をレビューしていきます。

スポンサーリンク

寝付きは良くなったのか

寝付きは改善されたのかというと、そうでもなかったです。

0時頃服用し布団に入りましたが、全然眠気も無くすぐには寝付けませんでした。それでも、いつの間にか朝になっていたので、薬が効いてくると寝付きやすいのではないかと感じました。

薬が効き始めるまでが、少し長いようです。

ベルソムラの副作用

薬で気になるのは副作用です。

私は服用した次の日は、朝8時くらいに起きましたが、朝食をとった後のあまりにも強烈な眠気で起きていることができませんでした。

仕方なくまた寝ることにしましたが、起きた時は13時頃になっていました。

これは、「ナルコレプシー」と呼ばれる症状のようです。

突然、強い眠気が襲ってきたり、笑ったり怒ったり強い感情が原因で、突然全身の力が抜けてしまう症状が現れる病気です。

ただ、市販後調査ではナルコレプシーの報告はないそうなので、頻度としてはかなり低いようです。

私も今日はそれほど眠気もありませんでした。初回は体が過敏に反応したのかもしれません。

他の睡眠導入剤と比較すると

寝付きやすさ

マイスリー>ベルソムラ>レンドルミン

マイスリーと比較すると時間はかかりますが、レンドルミンよりは比較的寝付きが早かったです。

翌日の眠気

ベルソムラ>マイスリー>レンドルミン

まだ服用回数は少ないですが、ベルソムラの強烈な眠気はインパクトありました。次の日に車を運転する様な時は飲まない方が良さそうです。

まとめ

海外より先に日本で発売されたため、検証データが少なくまだ解明されていない副作用が出るかもしれません。

まだまだ何が起こるか分かりませんが、次の診察までに無事に過ごせればと思ってます。

ぱきち
|Д´)ノ 》 ジャ、マタ