壁紙が動く『Wallpaper Engine』の使い方。うちにも初音ミクさんが遊びに来てくれました!

Steam で何やら面白いソフトがリリースされたみたいで、さっそく導入してみました(゚∀゚)

それは『Wallpaper Engine』でッス(>Д<)ゝ”

このソフトは、パソコンの壁紙を動画にできるってやつですが、これがとってもイイんですぞ(´∀`)

ここでは、ワークショップで気に入った作品の設定方法を紹介するよっ(>Д<)ゝ”

スポンサーリンク

購入方法

Steam でダウンロード購入できます。

なんと!398 円(゚∀゚)!

Use stunning live wallpapers on your desktop. Create your own custom wallpapers and share them on Steam Workshop!

日本語にも対応しているので、英語が苦手な私でも安心なのです(>Д<)ゝ”

システム要件

動かすだけならパソコンのスペックは、そこまで必要ではないようです(´ω`)

高解像度にするには、一般的なノートだと辛いかな?

必須環境

  • OS: Windows 7 (with Aero), 8.1, 10
  • プロセッサー: 1.66 GHz Intel i5 or equivalent
  • メモリー: 1024 MB RAM
  • グラフィック: HD Graphics 4000 or above
  • DirectX: Version 10
  • ストレージ: 512 MB 利用可能

【追記】

  • Windows Nバージョンでは、Microsoft の「Media Feature Pack」が必要
  • Windows 7 では Aero が有効になっている必要あり
  • 高コントラストモードはサポートされていない
  • 最大ビデオ解像度は、Windows 8,10:4K、Windows 7:1080p
最近のパソコンならノートでもだいじょぶそうですね。HD Graphics ってオンボードの種類みたいです。これは知らなかった(゚Д゚)

推奨環境

  • OS: Windows 8.1, 10
  • プロセッサー: 2.0 GHz Intel i7 or equivalent
  • メモリー: 2048 MB RAM
  • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660, AMD HD7870, 2 GB VRAM or above
  • DirectX: Version 11
  • ストレージ: 1024 MB 利用可能
グラボは「GeForce GTX 660」レベルなので、最近のグラボなら問題ないですね。私のは 2010年頃に BTO で注文したもので、「AMD HD5850」のため推奨環境を満たせず(ノ∀`)タハー

ワークショップでお気に入りをサブスクライブ

初期の状態でもいくつか選べるものはあるんですが、どれもいまいちなんすよ(゚Д゚;)

そこで、左下の「Workshop閲覧」をクリックして、好きな作品をゲットしちゃいましょう!

使い方は簡単!

気に入った作品を「サブスクライブ」するだけで OK です( ´∀`)bグッ!

私はミクさんを入れてみました( ´∀`)bグッ!

起動時のプロセスとか

「Wallpaper Engine」は約 23 MBですね。

Steam Client より軽い程度なんで、常駐させておいても気になるレベルじゃないですね(゚∀゚)

それよりも Chrome のメモリ食いっぷりが気になる(; ・`д・´)

確かタブごとにセッションが違うので、めっちゃメモリ食うんですよね( ´Д`)=3 フゥ

CPU も食う訳でもなし(´ω`)

まとめ

一応「開発中ソフトウェア」ということになってますが、今のところ特に問題はないです。

メモリいっぱい食うとか、CPU が張り付いたりという意味ではね(´∀`)

動作に関しては、環境次第になっちゃいますよね。

私の場合は最大の設定にするとマウスカーソルが遅延しちゃったんで、設定を下げました( ´Д`)=3 フゥ

でも、見てるだけで癒されるわぁ~。

もっと盛り上がって、いっぱい作品がアップされるといいですね(`・ω・´)

pakichiじゃ、またねっ!


トップへ戻る