FaceRig(フェイスリグ) Live2D Module で「結月ゆかり」になれるよ!使い方を詳しく解説!

ニコニコ動画で話題になっていた「結月ゆかり」の FaceRig Live2D デジタルモデルの配布が、Steam ワークショップにて始まりました。

こちらは Live2D の公式ではなく、個人ユーザーの「せらの」さんが作成されたものです。

スゴイ人がいるもんだぁ(`・ω・´)

Steam で見つけて、お値段はいくらなのかな?って思って見てたんですけど・・・。

なんと無料じゃないですか(゚Д゚n)マジスカ!

早速、サブスクライブして導入してみました(*´∀`*)

スポンサーリンク

導入手順

まずは、Steam ワークショップへ

yuzuki-yukari-steam

「+サブスクライブ」ボタンをクリックして、「サブスクライブ中」になれば OK です。

あとは、FaceRig を起動すれば、アバターに入っています(´∀`)

FaceRig を遊ぶために必要なもの

これから FaceRig を始めようと思っている方は、こちらにまとめてありますので、ご覧ください。

先日行われていた Steam ウィンターセールで、面白そうなソフトが 50%オフで販売されていたので、思わず買ってしまいました。 ...

いろんな表情ができます

Live2D では4種類の表情を設定できるのですが、作者さんの愛が溢れてしまったようで、なんと11種類もの表情が設定できちゃいます(´∀`)!

設定を変えるには、ファイルを書き換えないといけないようですが、まずは初期設定時の表情をご紹介します。

Z」「X」「C」「V」の4つのキーにそれぞれ対応させることができ、ボタン1つで表情を変えることができます。

キーが反応しない場合は、まずカスタム動作の設定を有効にしてください。1度設定を行えば、次回からは設定された状態が保存されています。

カスタム動作の設定

facerig-manual-jp1-1

画像の①~④の手順でクリックしていき、「カスタム動作を有効にしてください」を有効にします。

赤面 (Z キー)

yuzuki-yukari-cheek

怒りマーク (X キー)

yuzuki-yukari-rage

涙目 (C キー)

yuzuki-yukari-tear

汗 (V キー)

yuzuki-yukari-sweat

か・・・かわいい(*´Д`*)

ホントこれ、無料でいいんですか(゚Д゚;)?!

さらにさらに、他の表情に変えるのも簡単にできます。

設定ファイルの場所

まず1度 FaceRig を起動します。

すると下記の場所に、Yuzuki_Yukari フォルダが作られます。

C:/Program Files (x86)/Steam/steamapps

/common/FaceRig/Mod/VP/PC_CustomData

/Objects

フォルダが見つからない場合は、サブスクライブ後に FaceRig を起動してないか、サブスクライブになっていないかもしれません。

設定ファイルの変更

Yuzuki_Yukari フォルダ内の cc_Yuzuki_Yukari.cfg ファイルを、メモ帳などのエディターで開きます。

開いたファイルの 1 ~ 4 行目が変更できる項目です。

対応キー

set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_CHEEK’ 0 1 1
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_RAGE’ 0 1 2
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_TEAR’ 0 1 3
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_SWEAT’ 0 1 4

一番右の数字は「Z」「X」「C」「V」の4つのキーにそれぞれ対応しています。

1 → Z

2 → X

3 → C

4 → V

変化の度合い

set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_CHEEK’ 0 1 1
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_RAGE’ 0 1 2
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_TEAR’ 0 1 3
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_SWEAT’ 0 1 4

真ん中の数字は、変化の度合いを表しています。

これは、変えすぎると表示がおかしくなる表情もあるので、変えるとしても「赤面」「顔蒼白」「瞳縮小」を推奨しています。

表情のパラメータ名

set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_CHEEK‘ 0 1 1
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_RAGE‘ 0 1 2
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_TEAR‘ 0 1 3
set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_SWEAT‘ 0 1 4

” 内のパラメータ名は、それぞれ表情を表しています。

パラメータ名は、同フォルダの memo テキストに記載されています。

パラメータ名一覧

PARAM_CHEEK 赤面
PARAM_RAGE 怒りマーク
PARAM_TEAR 涙目
PARAM_SWEAT 汗
PARAM_pupil 瞳縮小
PARAM_pallor 顔蒼白
PARAM_hi-lite 目ハイライト消し
PARAM_Smile 目笑顔固定
PARAM_Shiitake 目がしいたけ
PARAM_Jito_eyes ジト目
PARAM_puff_out 頬を膨らませる

例えば、Z キーに設定されている「赤面」を「瞳縮小」に変更したい場合は、Z キーに対応している 1 行目を変更します。

set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_CHEEK’ 0 1 1


set_special_pose_param Yuzuki_Yukari ‘PARAM_pupil‘ 0 1 1

変更後は、設定ファイルを上書き保存してください。

設定を変更して表現できる表情

FaceRig 起動中でも、設定を変更することができます。

変更後は、再度アバターを読み直せば反映されます。

瞳縮小

yuzuki-yukari-pupil

顔蒼白

yuzuki-yukari-pallor

目ハイライト消し

yuzuki-yukari-hi-lite

目笑顔固定

yuzuki-yukari-smile

目がしいたけ

yuzuki-yukari-shiitake

ジト目

yuzuki-yukari-jito-eyes

頬を膨らませる

yuzuki-yukari-puff-out

こんなに表情豊かに動いてくれます(´∀`*)

さらにさらに、これらの4つキーの動作は、同時にできます!

赤面、怒りマーク、目笑顔固定、頬を膨らませる

yuzuki-yukari-oko

おこですっ!

前のめり

Shift + マウス右クリック で、少し前のめりになります。

yuzuki-yukari

どやっ!

本来は腕を動かすパラメータですが、Live2D で腕を動かすのが難しかったそうです。

動作説明は以上です(`・ω・´)ゞ

作者「せらの」さんの解説動画

サイト:動画で詳しく解説されているので、実際の動きなど気になる方はこちらをご覧ください。

【FaceRig+Live2D】 結月ゆかり FaceRig Live2D module用に製作した 結月ゆかり です配布場所(steamワークショップ)

FaceRig でニコ生を配信してみよう

FaceRig を使ってニコ生を配信するのも楽しいですよ(´∀`)

おすすめ「FaceRig+無料ボイスチェンジャー」で「結月ゆかり」になってゲーム実況

「ゲーム実況してみたいんだけど、地声はちょっとイヤ」 「普通に実況するんじゃなくて、他の人と差をつけたい」 「あまりお金をかけた...

おすすめ音声認識ソフト「ゆかりねっと」で声を VOICEROID にしてゲーム実況

自分の声を、好きなボイスロイドの声に変えたい! そんな願いを叶えてくれるソフトが『ゆかりねっと』なんです(゚∀゚) 以前...

マリオとルイージもあるよ

ワークショップには、たくさん面白いアバターが投稿されてます。つい先日、マリオルイージのアバターを投稿された方がいました。

ヒゲがモフモフ動いて、こいつは可愛いッス(゚∀゚)!

Live2D って何?

ここからは、Live2D を少しご紹介します。

簡単に説明すると、パーツごとに分けた画像データがあれば、自分で書いたキャラクターを動かすことができるんです(´∀`)!

ほへ~っ、なんか知らんがスゴイよね~(n´Д`n)

・・って思っているかもしれませんが、実は知らない間にいろんなところで使われていたんですよ(゚Д゚)!

ファイアーエムブレムif 白夜王国

最近のゲームで言えば、「ファイアーエムブレムif 白夜王国」が Live2D で作られてたんですよー。

知らなかった(・ω・´;)

他にもスマホゲームや、PSVita のソフトが多いです。

確かに、携帯ゲームは 2D の方が相性良さそうですよね。

なんとフリー版があります!

でも、きっとお高いんでしょ~(´Д`n)

なんて思っているあなたっ!

なんと、フリー版!つまり無料版があるんですよっ!

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

有料のPRO版との、機能の比較表も見てみましたが、そんなに差は無いような気がします。

気になった方は、とりあえずダウンロードして使ってみたらいいかもです(`・ω・´)ゞ

まとめ

FaceRig で遊んでいて、今までで一番感動したかもしれません(´∀`)

3D キャラの方が目や口の動きを細かく伝えられるんですけど、デフォルトのアバターも DLC のアバターも、海外の方向けの濃いのしかいないんですよね・・・。

その点 Live2D だったら、アニメとか馴染み深いんで、動かしていても楽しいです。

中身はおっさんでも、かわいいキャラ動かしたいじゃないですか( ー`дー´)キリッ

私には、こんなスゴイキャラクターを作る技術はないので、

もっと Live2D が流行ってくれればなと思いました(´∀`)オシマイ

pakichiじゃ、またねっ!


スポンサーリンク

シェアする

関連記事

コメント

  1. 名なしさん より:

    ZXCVのスペシャルポーズが反応しないんだが。。。どうしてなんだ?

    • ぱきち より:

      もしかしたら、カスタム動作の設定が「有効」になっていないのかもしれません。
      記事に「カスタム動作の設定」項目を追加したので、確認してみてください。

  2. まさむね より:

    こんにちは〜いつも楽しく記事を読ませていたてます。
    どうしても解決できなきことがありましてご質問させていただきました。
    FaceRigワークショップ内アバターに「サブスクライブ中」なっててもFaceRigを何ど立ち上げても表示されません。もちろんゆかりちゃんだけでではなく他の作品もです。Steamを立ち上げて中からサブスクライブしてもダメでした。ドライブのフォルダーにも入っておりません。

    私の環境はMacで仮想マシンでLive2D+FaceRig Module使用
    忙しいとは思いますが以上よろしくお願い致します。

    • ぱきち より:

      いつもご覧いただき、ありがとうございます(>Д<)ゝ”

      Mac で Windows 環境を立ち上げて、そこで FaceRig を使っているんですね。
      私は同様の環境を使ったことがなく、推測でしかお答えすることはできませんが、いくつか確認ポイントをご紹介します。

      まず、Steam ライブラリフォルダの設定です。
      Steam の設定でダウンロード場所を確認してみて下さい。
      Windows 7 64bit 環境の場合は「C:\Program Files (x86)\Steam」←こうなってます。
      Mac の仮想環境の場合は、どう設定されているか気になります。

      サブスクライブしたものが FaceRig で読み込めないということは、
      おそらく読み込み対象フォルダに、ダウンロードされていないのでしょう。
      FaceRig をインストールしたフォルダと、ダウンロード場所が合っているか確認してみて下さい。

      FaceRig のサブスクライブしたファイルはここ↓にダウンロードされます。
      C:/Program Files (x86)/Steam/steamapps/common/FaceRig/Mod/VP/PC_CustomData/Objects

      あとは、関係あるか分かりませんが、本日6/15にアップデートがあったようです。
      私の環境では、何故かサブスクライブが外れていたので、その辺も何かあったのかもしれません。

      このくらいしか思いつきませんが、
      何かヒントになるでしょうか(>Д<)ゝ”

  3. まさむね より:

    ご親切にありがとうございました。まだ解決はできてはいませんが私の現在の環境です。
    MacOSXの仮想マシンでWindows10を使ってます。
    FaceRig Pro バージョン1.555
    C:/Program Files (x86)/Holotech Studios/FaceRigPro/Mod/VP/PC_Common/Objects以下にフイギュアのフォルダがありまして付属しているフィギュアはあります。
    Steam のライブラリフォルダです。
    「C:\Program Files (x86)\Steam/steamapps/sourcemods空です。
    尚、以下~/common/FaceRig/Mod/VP/PC_CustomData/Objectsはありませんです。

    バージョンによって違うかとも思いますが未だに解決しておりません。また色々と調べてみます。
    ありがとうございました。

    • ぱきち より:

      お力になれず、申し訳ないです。
      一度サポートに問い合わせてみたら、いいかもしれませんね。

      うまく動くといいですね(>Д<)ゝ”

  4. 名無し より:

    すいませんcc_Yuzuki_Yukariの欄の名前を変更したのですがfacerigを起動していざZXCVを押して見ると初期の状態と変わらずでもう一度ファイルを開いてみると名前がすべて元の状態に戻ってしまっています・・・

    一応上書き保存していて起動する寸前までは変更した状態で保存されているのですがどうやったら初期の状態に戻らず変更できるのでしょうか・・・?

    • ぱきち より:

      名無しさん

      今、こちらの環境で動作確認をしてみましたが、正常にファイルが保存できました。
      特に変わったことはしていないんですけどね(・ω・´;)ハテ

      6/15にアップデートがされて以来、他のファイルは更新されていないようなので、仕様が変わったということではなさそうです。
      元の状態に戻ってしまうということは、「cc_Yuzuki_Yukari.cfg」ファイルが上書きされてしまっているのでしょうか?

      例えば、1度更新したファイルを開いたままにして、FaceRig を起動してみたらどうでしょうか。
      もし、FaceRig や Steam の処理でファイルを上書きしているとしたら、更新時にエラーになると思います。

      その時、エラーにもならなかった場合は、どこか別のファイルを読み込んでいるのかもしれませんね。
      私は以前、PC_CustomData の方ではなく、PC_Common の方にファイルを入れてたことがあって、同じ様な状態になった記憶があります。

      その辺りからアプローチしてみては、いかがでしょうか(>Д<)ゝ”

  5. 名無し より:

    すいません、遅れました
    色々探してみたら他にも幾つかファイルがあるみたいでして・・・汗
    とりあえずな感じで全部変えてみたら行けました・・・汗
    お騒がせしましたありがとうございますw

  6. てるてる より:

    こんばんは

    先程FaceRigを購入してみてアバターをサブスクライブしてみましたが
    ソフト内のアバター上でサブスクライブしたキャラが一切表示されず困っています

    しかしC:/Program Files (x86)/Steam/steamapps
    /common/FaceRig/Mod/VP/PC_CustomData
    /Objects
    にはサブスクライブした物が沢山入っています

    どうしたらソフトで認識するのでしょうか?
    教えて欲しいです(´;ω;`)

    • ぱきち より:

      てるてるさん

      可能性としては、Live2D Module を購入していないとかでしょうか?
      Live2D で作られたアバターを利用するためには、Live2D Module が必要です。

      Live2D Module が購入されていれば、アバターギャラリーのスクロールを下にスライドして行くと、
      購入されたものが表示されているはずです。
      ファイルがあるということは、正常にサブスクライブできているので、FaceRig で認識されるはずなんですが(・ω・´;)

トップへ戻る