「パキシルCR」は効果があった!飲み忘れたら翌朝動けなくなっていた話

私は、2 年ほど抗うつ剤の「パキシルCR」を飲み続けています。

毎晩、寝る前に服用しているんですが、実際にどれくらい効果があるのか分かってなかったんですよ(´ω`)

薬の効果で安定した状態なのか、実は治ってるから安定しているのか。

ググって調べても、効果や副作用は仕様通りのことしか書いてないんですよね( ´Д`)=3 フゥ

そりゃ、実際に服用している人で、ブログを書いている人がそんなにいる訳がないし。

ということで、私が昨日体験した

パキシルCR飲み忘れ事件

について発見があったので、記事に書いておこうと思います(>Д<)ゝ”

「パキシルCR」は、凄い効果があったんすよ(゚∀゚)!!

スポンサーリンク

飲み忘れた翌朝全く動けず

朝起きたら、布団から起き上がれなかったッス(; ・`д・´)

この時は、薬を飲み忘れていたことに気付いてなかったんですよ。

体中がだるくてだるくて、指一本でも動かすのが大変でした(;´Д`)ダリィ

天気が悪いときに調子が悪くなったことがあったんで、最初は天気のせいかと思っていました。

今思えば、うつの治療で通院する前の状態に近かったです。

昔の話過ぎて覚えてませんでした。

日中も動けずゴロゴロ

その後、なんとか起きられたものの、すぐ横になっちゃうんですよ。

だるすぎて(ノ∀`)タハー

夕方に娘の送り迎えがあったんで、極力体力を消耗しないように、ほぼ寝てました。

それでも、だるさはさらに酷くなってくんですよ(;´Д`)

熱もないし咳もでないけど、風邪でもひいたのかと思いました。

その後、夕飯を食べて、夕飯後の薬を飲もうとしたときに、

ようやく「昨夜寝る前の薬を飲んでいない」ことに気付いたッス( ゚д゚ )ソウダッタノカ!

まさか、一日飲み忘れただけで、こんな違うなんて・・・。

もう 20 時ごろには、体力の限界だったので、薬を飲んで寝ることにしました( ´ー`)

これで明日良くなったら、薬の力ってスゲーってことね。

翌朝だるさがなくなった

寝る前に「パキシルCR」をちゃんと飲んだ結果、

翌朝だるさがなくなったぁぁ(゚∀゚)

マジで効果あったんすね(´Д`n)

薬の研究をしている方には、感謝しかないわ。

まとめ

うつ病とか精神病の類は、体験する人が少ないから、情報が少ないッスね(´Д`)

風邪とかは、自力で治ることがありますけど、精神的なものはなかなかしぶといですから。

今もし何気なしに服用している薬があったら、途中で飲むのを止めたらダメですよ(`ω´)

先輩やら上司やら、医者でも無いのに偉そうに、

薬は依存性があるから止めた方がいい( ー`дー´)キリッ

とか言われることがあるかもしれませんが、薬はやっぱり効果あるんすよ。

依存性があろうが、副作用があろうが、今の苦しい状態を解決してくれる方がイイです。

これ絶対( ー`дー´)キリッ

最終的には、薬を止められるのがイイんでしょうけど、一生付き合っていく覚悟も必要かもしれないッスね。

そんな、お話でした(´ω`)

pakichiじゃ、またねっ!


スポンサーリンク

シェアする

関連記事
トップへ戻る