FaceRig(フェイスリグ)の使い方。マニュアルを日本語に翻訳してみたよ【カスタマイズIF編】

シェアする

FaceRig の英語マニュアルを Google 先生に日本語翻訳してもらう企画最終回です(`・ω・´)

今回は、「カスタマイズ・インターフェース」について解説していきます。

スポンサーリンク

カスタマイズ・インターフェース

アドバンスド・インターフェース」で画面の右側に表示されているのが「カスタマイズバー」です。

カスタマイズバーのタブで表示されるインターフェースの名前が、「カスタマイズ・インターフェース」です。

ややこしいけど、多分そんな感じです(´∀`)

アバター

アバターギャラリー

facerig-manual-jp3-1

このメニューでは、自分の「アバター」を選び、それをカスタマイズしプロップ(小道具)を追加することができます。

まず、使いたい「アバター」をクリックします。

カスタム化

facerig-manual-jp3-2

アバターをカスタマイズしたい場合は「カスタム化」タブをクリックし、「」と「特徴」を変更することができます。

」タブをクリックすると、利用可能なマスクに基づいて、アバターの色を変更することができます。

※このアバターは色が表示されませんでした。設定できないアバターもある?

マスクは「毛皮、目、洋服」などの色パターンを決定します。

誰でもカスタムマスクを作ることができ、それをインポートすることもできます。

facerig-manual-jp3-3

特徴」タブをクリックすると、「目、耳、鼻、頭、口」などを詳細に変更することができます。

プロップ

avatar-customization6

プロップ」タブをクリックすると、アバターに設定可能な「プロップ(小道具)」が表示されます。

サムネイルをクリックし「アタッチ」ボタンをクリックすると、アバターに反映されます。

外したい場合は「デタッチ」ボタンをクリックします。

avatar-customization7

最初は位置がずれていると思うので、スライダーを調整して位置を決めてください。

変更をリセットする場合は、「デフォルトにリセットしてください」ボタンをクリックします。

複数のプロップを追加することもできます。

行動

facerig-manual-jp3-22

斜視目を有効にする」トグルを有効にすると、アバターが斜視になります。

カメラを見ての割合」スライダーを動かすことで、アバターがカメラを見る割合を指定できます。

一番右に設定すると、瞳行動が無効になります。

一番左に設定すると、アバターは自分の目の動きを非常に正確に模倣しようとします。

まばたきのトラッキングを有効にしてください」トグルを有効にすると、自分のまばたきを追跡することになり、アバターのまばたきとリンクします。

自動まばたきを有効にしてください」トグルを有効にすると、自動的に一定の間隔で自然なまばたきをするようになります。

自動まばたき行動」のスライダーで、まばたきの頻度を調整できます。

瞳行動を有効にしてください」トグルを有効にすると、自分の瞳の動きを追跡することになり、アバターの瞳とリンクします。

瞳行動」のスライダーで、瞳の追跡頻度を調整できます。

カスタム動作を有効にしてください」トグルをオンにすると、舌を出したり、手を振ったりする特別なアクションの制御が可能になります。

※マニュアルのバージョンが古いようで、画面と若干差異がありました。ちょっと自信のない場所もあり・・・。

アバターのカスタマイズは、こちらでも紹介しています。

FaceRig(フェイスリグ)でアバターをカスタマイズ
前回紹介した「FaceRig(フェイスリグ)」という Sterm のソフトですが、日本語解説サイトがあまり無いようです。 とり...

環境

ギャラリー

facerig-manual-jp3-4

サムネイルをクリックして「背景」を選びます。

画像ではクロマキー合成用の背景を選んでいるところです。

カスタム化

facerig-manual-jp3-5

「ライト、周囲、影、フォグ、背景」のカスタマイズが可能です。

この辺は、詳しい人しか使わないかもしれません。

余程こだわりが無ければ、デフォルトの設定で問題ないと思います。

ポストプロセッシング

facerig-manual-jp3-6

「トーンマッピング、ブルーム、被写界深度、その他」のカスタマイズが可能です。

さらに詳しく設定したいこだわり設定!

トラッキングがオンの時、無効化

トラッキングがオフの時のみ、変更が可能になります。

この機能は、正確なポージングを撮りたい場合などに使用されます。

スライダーを使って、画面上のアバターの位置やポーズを変更できます。

高度なトラッキングの設定

カラダと頭のポーズ

facerig-manual-jp3-7

カメラの前で体を動かした時に、アバターがどれだけ動くのか、その範囲を指定することができます。

表情のユニット

facerig-manual-jp3-8

自動調整」ボタンをクリックすると、現在カメラに映っている体勢から自動で値を調整してくれます。

細かい部分は、動かしながら調整するのが一番良いと思います。

カラオケパネル

facerig-manual-jp3-9

プレイリストに曲を追加するには、「」ボタンをクリックします。

回転している矢印のマークは、「リピートボタン」です。右に2本矢印のマークは、「シャッフルボタン」です。好みに応じて利用してください。

サポートしているファイル形式は「*.mid, *.kar, *.avi」です。

音声エフェクト

ボイスエフェクト

facerig-manual-jp3-10

ここでは、どのエフェクトを使用するか選べます。

ピッチシフト」と「ロボットの声」を選択することができます。

ピッチシフトで、声を高くしたり、低くしたり。ロボットの声で、機械的な音声にすることができます。

その他の効果

facerig-manual-jp3-11

その他の効果」タブをクリックすると、「ディストーション、エコー、トレモロ、ビブラート」の効果を選ぶことができます。

この項目はマニュアルに載っていなかったです。

4つ同時に設定することもできたので、試しながら設定する感じが良いんではないでしょうか。

オーバーレイエディターで文字と画像を足す

facerig-manual-jp3-12

文字を追加する」ボタンをクリックして、ウィンドウを文字を表示する場所に配置します。

文字列をクリックすると、テキストボックスが表示されテキスト編集ができます。

影をつけたり、ぼかしたりもできます。

一般オプション

お気に入り設定

facerig-manual-jp3-13

一般」タブをクリックすると上の画像の設定が表示されます。

ロゴを隠す」トグルをオンにすると、FaceRig ロゴの隠すことができます。

キー押しでオーディオリップシンクを使ってください」トグルをオンにすると、「H」キーを押した時に、リップシンクのオンオフを切り替えることができます。

自動保存」トグルをオンにすると、自動保存されるようになります。

※保存タイミングは記載がないため、設定変更時になる?

フックトキーを有効にしてください」トグルをオンにすると、別のウィンドウにフォーカスがあたっていても、ショートカットキーを送信できるようになります。

興味をひきつけるモードを使う」トグルをオンにすると、2分後にロードされてひきつけるモードが有効になります。詳細はよく分からず。

ストリーム色の交換してください」トグルをオンにすると、カメラフィードに奇妙な色の歪みの問題がある場合に有効です。詳細はよく分からず。

ヒントを隠す」トグルをオンにすると、ヒントが表示されなくなります。

Toggle Separate Window」は記載なしのため詳細不明。 facerig-manual-jp3-19

視聴制御」タブをクリックすると、レーティングを設定しパスコードを入力するとこで、制限をかけることができます。

facerig-manual-jp3-20

キーバインド」タブをクリックすると、様々な機能、アクションにショートカットキーを割り当てることが出来ます。

facerig-manual-jp3-21

言語」タブをクリックすると、表示されている文字を対象言語に変更できます。

デバイス

facerig-manual-jp3-14

デバイス」タブをクリックすると、ウェブカメラや解像度の変更ができます。

グラフィックス

facerig-manual-jp3-15

グラフィックス」タブをクリックすると、PC画面に表示される解像度などが変更できます。処理が重い場合は、ここで解像度を下げたり、毛皮の質を下げるなどで調整ができます。

サウンド

facerig-manual-jp3-16

サウンド」タブをクリックすると、マイク入力時のノイズゲートのしきい値など変更ができます。

どれくらいの声で喋るのかによって、リップシンク時の口の動きを調整することができます。あまりしきい値を下げすぎると、環境音を拾ってしまいます。

サウンド・ループバック」トグルをオンにすると、ボイスエフェクトを通したマイクの音声を聴くことができます。

ハウリングがあるなど、問題があるかどうか確認ができます。

パフォーマンス

facerig-manual-jp3-17

パフォーマンス」タブをクリックすると、フレームレートの制限を設定できます。

自信のPCスペックに合わせて、fps を変更してください。30 fps くらいでも十分だと思います。

ヘルプ

facerig-manual-jp3-18

顔を取り込む時の注意点などを見ることができます。

まとめ

3回に分けて英語マニュアルを翻訳してみました(´∀`)

Google 先生がいなかったら、完全に投げ出してるレベルですよ( ´Д`)=3 フゥ

でも、言語を日本語に変更しておけば、だいたい動かしてみて理解できる作りになっていますね。この辺は、とってもいい作りですね(´∀`)

ただ、FaceRig を動かしていると、メモリをガッツリ使われちゃうんで、メモリ 4GB だと結構しんどいですね。

8GB くらいあれば生放送とかにも安定して使えるかな?

お金に余裕ができたら、メモリ増設してみます(`・ω・´)

ぱきち
|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする